ファンヒーター情報 -

HOME > ファンヒーター情報

ファンヒーター情報

石油ファンヒーターで快適に

トヨトミ石油ファンヒーターのエラーコード 案内

トヨトミ(TOYOTOMI、トヨストーブ)の (強制通気形開放式石油ストーブ)が故障又は不具合となった時のエラーコード(自己診断)表とその故障内容です。機種によっては違う表示になることがあります。

E-0
過熱防止装置が作動しました。温風空気取り入れ口や温風吹き出し口(ルーバー)を掃除してください。ストーブの周囲の障害物を取り除いてください。内部やファンに埃が付いていることがあります。
F-0
停電消火後電源が入りました。タイマー運転待機中に停電して、その後電源が入りました。
E-2
消火後すぐに点火操作をしました。点火安全装置が作動。燃焼部にシリコーン酸化物などが付着しました。
E-5
本体を傾けたり、強い振動や衝撃を受けた為、自動消火しました。地震により自動消火しました。
E-6
換気不良、手入れ不良、その他の異常により、バーナーへの空気の供給が不足して、自動消火しました。換気をします。燃焼空気取り入れ口(吸気フィルター)の掃除をします。フレームロッドにシリコーン酸化物などが付着しました。
HHH1,HHH2,HHH3
不完全燃焼防止装置が連続して作動しました。E-6と同じ。
HHH4
換気しないでそのまま使い、再び不完全燃焼防止装置が作動しました。この場合は再点火防止装置が働き再点火はできません。販売店に連絡してください。(修理が必要です)
E-7
室温が33度C以上になりました。
E-8
ブロアモーターが停止しました。
CL:05
クリーニング燃焼中。約5分間カウントダウンします。強燃焼で約2時間以上の連続運転をすると、自動的にクリーニング燃焼となって火力が落ちます。
E-1,F-1,F-9
修理が必要な故障です。
シリコン等による石油ファンヒーターへの影響

石油ファンヒーターを使用する部屋でシリコーン等を含む商品を使用すると、シリコーン等が本体内に吸収され、炎検知器(フレームロッド)周辺に白い酸化物が付着し、着火不良や途中消化といった症状が発生します。
飛散、蒸発したシリコーン等は目には見えません。
※このとき、エアーや換気警告ランプが表示されます。

シリコーンを含む恐れのあるもの

*化粧品類(洗い流さないヘアトリートメント、枝毛コート剤などのヘアケア製品、保湿用などのクリーム等)
*衣類や繊維類の撥水剤・柔軟剤等(防水スプレー、 アイロン用スプレー、静電気防止剤、しわ伸ばしスプレー等)
*家具等の艶出し剤保護剤

 

使用したときの現象(白く変色)

やむなくご使用になる際は石油ファンヒーターの運転を一時的に停止し、使用後は換気を十分に行ってシリコーン等の成分を屋外に排出してから運転を再開してください

日ごろのメンテナンス 家庭用石油ファンヒーター

                   お守りください 
点検・手入れを行うときは、必ず運転を停止させ、本体が冷えてから電源プラグを抜き、点検・手入れを行ってください。火災ややけどのおそれがあります。 

 ご使用のたびに確認してください

本体周辺に可燃物はないか
ストーブの近くには可燃物は置かないようにしましょう

本体のごみやほこりを拭き取る
柔らかい布でから拭きするか、うすめた中性洗剤をしみ込ませた布で拭いてください。本体をベンジン・シンナーなどで拭かないでください。

油漏れ、油のたまり、油のにじみはないか
異常があるときは使用を中止し、お買い上げの販売店にご相談ください。

ファンフィルターを取り外す
上のツマミを押し、手前に持ち上げる


掃除機でさっと汚れを吸い取る

強い力をかけて掃除機をあてるとフィルターが破損することがありますので、ご注意ください。
また、ツマミ側面に掃除機をあててください。反対側から掃除機をあてると、ネット部分が外れることがあります。

ファンフィルターを本体に取り付ける

 
下のツメをはめてから上部を押す。
※お守りください※
ファンフィルターをファンカバーに取り付けたまま掃除機などで強くこするようにすると、ファンフィルターが破損することがあります。
必ずファンカバーからファンフィルターを取り外し、強い力をかけないようにお手入れしてください
 
1ヶ月に1回以上は 安全装置の点検をしましょう
 
対震自動消火装置
燃焼中にゆすると消火するか確認してください。 消火しない場合は修理が必要ですので、お買い上げの販売店にご相談ください。
給油時消火装置(2010年度製品より)
カートリッジタンクを取り出し、本体内部のレバーを下に押し、指を離した時にもとの戻るか確認をしてください。

 
 
同じく1ヶ月に1回以上は 油受皿内や油フィルターの点検・掃除を
 
 カートリッジタンクに直接水を混入しなくても、設置場所の温度変化などで結露によりカートリッジタンク内に水がたまり、油フィルター、油受皿内に流入する場合があります。 
油受皿内に水が混入したり、油フィルターに水やごみがたまっていると、
給油ランプの点滅が止まらない 
着火ミスしたり、異常停止する(E02,E03)

などの症状が出てきます。
油受皿内や油フィルター内に水やごみが混入していた場合は、取りのぞいてください。
 
 
          油フィルターの点検、手入れ方法
カートリッジタンクを抜き、油フィルターを確認する
(油フィルターに灯油を入れ、持ち上げてください。)
灯油が糸を引くように落ちる(約10秒) なら、油フィルターは目づまりしていません。
正常です。
灯油が水滴のように落ちる。または、全く落ちないなら、 油フィルターが目づまりしています。
以下に従い、掃除してください。
油フィルター、掃除のしかた 油フィルターはきれいな灯油ですすぎ洗いし、ごみ などを取りのぞき、布などで灯油を拭き取ったあと、 日陰に置いてよく乾燥させてください。
油フィルターに水分が残っていると、灯油が落ちず、 給油ランプが点滅します。
なお、洗浄後の灯油の処分は、ガソリンスタンドの他、灯油をお買い求めになった販売店にご依頼ください。洗浄後の灯油を使用すると故障の原因となります。
 

 おしまいになる際のお手入れ方法 家庭用石油ファンヒーター

 少しのお手入れで、ヒーターの寿命がグンと違ってきます。

シーズンの終わりにきちんとお手入れをして、来年もまた元気に働いてもらいましょう。

  電源プラグとコードのとりまとめ

プラグと電源コードの接続部などに痛みがないかを点検

同時にホコリや汚れも落としておきましょう

それらが終わったら、箱にしまいやすくするため、コードを束ねておきましょう

 

        

 

本体内、カートリッジタンクの灯油の抜き取り

カートリッジタンクを抜き取り、灯油を空にします。

次に、油フィルターを取り外し、油受皿内の灯油を市販の給油ポンプやスポイトなどで完全に抜ききること

この作業を行わないと翌シーズンの使いはじめのトラブルの原因となります!

●灯油抜き取り手順

油フィルターを抜き取り、市販の給油ポンプなどで、油受皿の灯油をすべて抜いてください。

 -抜き取りが悪い場合

給油ポンプの先をカットし、抜き取りやすいようにしてください。

 -さらに灯油が抜けきらない場合

布などで油受皿内をよく拭いてください。

            

 

油フィルター、ファンフィルターの掃除

油フィルターには、ごみや水がたまっていますので、きれいな灯油ですすぎ洗いを。

ファンフィルターは取り外して、ごみやホコリを掃除機で吸い取ってください。

汚れがひどい場合は、水洗いなどして、よく乾かしましょう。

                           


 

カートリッジタンクの点検 

カートリッジタンクや口金は給油の際の持ち運びで変形している場合がありますので、確認。

また、タンクを逆さまにした時に油漏れがないかを確認しましょう

                 

 

最後に

箱は捨てずに取ってありますか?

お手入れできれいになったヒーターは、取扱説明書等の付属品と一緒にしまいます。

保管場所には、乾燥したホコリのかからない場所を選びましょう